HOME>アーカイブ>しっかりと汚れを落とすならプロへの依頼も考える
仏壇

修理も依頼できる

仏壇は頻繁に買い替えるものではなく、長期に使い続けることが多くなっていますが、長期に使っているとほこりもたまってきますし、線香やろうそくを使うことによる汚れも目立ってきます。そこで仏壇掃除を検討している人もあるのではないでしょうか。仏壇掃除の注意点としては、まず作業は慎重に行うことが大切です。古い仏具などは壊れやすくなっていますので、優しくほこりや汚れを落としていきましょう。水を使うと木材が劣化する可能性もありますので、基本的には柔らかい布で乾拭きをします。洗剤などは仏壇専用のものもありますが、住居用洗剤などを自己判断で使うと色落ちや劣化につながることがありますので、使わないほうが無難です。作業中に仏具の位置がわからなくなる可能性もありますので、清掃前に写真を撮っておくと安心です。掃除の順番としては上から下へとほこりを落としていきます。

専門の業者への依頼

仏壇掃除はこまめに行えば、きれいな状態を保ちやすくなります。専用の布や筆、毛ばたきなどを使って定期的に掃除をすることがおすすめです。かなり汚れがたまってしまった場合は、自己流の掃除では、満足な仕上がりにならないこともあります。そんな場合も専門の業者に依頼すれば、隅々までしっかりと汚れを落としてくれます。特に難しい金仏壇はプロに任せておくと劣化を防ぐことができ、美しい輝きを取り戻すことができます。掃除だけではなく、金箔の張替えや漆の塗り直し、修理なども依頼できるのもプロに依頼するメリットです。依頼する場合は、仏壇を専門に扱っている業者を選んでおくと安心です。大きな仏壇の場合は、それなりの費用が発生する可能性もありますので、複数社から見積もりを取って比較してみると適正な価格がわかります。

広告募集中